パンを手作するための道具類

スポンサードリンク

手作りパンを楽しむためには、あらかじめ準備が必要です。

まず準備しておきたいものには材料もありますが、それ以前に、パンを手作りするために必要になる道具をそろえておく必要があります。

パンを手作りするためには、最低限必要なものから、あると便利、というものまでさまざまな道具があります。

ここで、パンを手作りするための道具をご紹介していきましょう。

オーブン

まず手作りパンのために絶対に必要なものとしてオーブンがあります。オーブンは家庭用の場合、ガス、または電気のオーブンが一般的です。

誰でも導入できる手軽なものとしては、やはり電気オーブンになるのではないでしょうか。

これは機種や火力などによって仕上がりに差が出ますし、所要時間や条件を多少変化させる必要があります。

レシピ通りでは思ったような仕上がりにならないことが多いので、自分のオーブンの癖をつかみ、焼き色、焼き上がりなどを調整するようにしたいところです。

上段を使用する、下段を使う、向きを変える、アルミホイルなどでこげつかないようにする、など、オーブンのくせによって工夫するようにします。

オーブンには天板がありますが、これについても1度で焼ききれない場合などのために、必要であれば天板を2枚用意するなどの工夫をしましょう。

スケール

次に必要な道具といえば、スケールがあります。これは、材料を計量したり、生地を分けたりするのに利用します。

手作りパンを成功させるためには、材料などをきっちりと計量することもポイントであるといわれています。

現在はアナログ、デジタルどちらのスケールも選ぶことができますが、きっちり計量するためにはデジタルを選ぶといいでしょう。

容器を乗せてから目盛を0にできるタイプだと計量がさらに楽になります。

カップやスプーン

少量の計量のためにカップやスプーンもあるといいでしょう。

ボウル

材料を混ぜたり発酵させるためにはボウルを使います。大小いくつかそろえておき、分量によって使い分けができるといいでしょう。

ヘラやドレッジ

材料を混ぜるためのヘラやドレッジと言われる生地を切り分ける道具などもそろえておきたいところです。

発酵した生地を分けるときなどは、材料を傷めてしまわないためにも、ドレッジを使うようにしましょう。

最低限これらの道具があれば、手作りパンを作ることはできます。

あとは自分の必要に応じてそろえていくようにしましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気記事

  1. 油を使わない!「熱風調理」で揚げ物を作ることができるノンフライオーブン揚げ物をつくる際に「油」を…
  2. クールなデザインにシンプルな機能が魅力ミラーガラスを採用したシンプルなデザインが人気のオーブンで…
  3. トースターのみの機能が欲しいという人にお勧め一人暮らしの方、男性で単身赴任をしている方だと、朝ご…
  4. レシピによって簡単に火力調節!タイマーがついている安心機能搭載コンパクトでシンプルな機能を搭載し…
  5. パンを美味しく焼き上げるために、最大限の工夫をした設計「毎朝の食事はパンがいい」と考えている人に…

年別アーカイブ

PAGE TOP