手作りパンの材料について

スポンサードリンク

手作りパンを楽しむために道具を最低限そろえたら、次は材料の準備をしましょう。

パンを作るためには、いくつかの材料をそろえる必要があります。

どのようなパンを作るのかによって材料は異なってきますが、最低限必要になる材料としては、小麦粉などの粉類、砂糖や塩、イーストや酵母になります。

小麦粉について

その他は内容によって適宜そろえていくようにしましょう。小麦粉は、内容によって特長が大きく違います。

強力粉は小麦粉の中では一番タンパク質の多い粉。

弾力や粘りの元になるグルテンを一番多く生成することができます。

発酵させるとふんわりとしたパンの特長が出てくる粉です。

また、さらさらしているので打ち粉にも向いています。

薄力粉は強力粉よりもタンパク質が少なく、クッキーやケーキ向きの粉です。

パンに使うと食感は軽くなります。

フランスパンを作りたい時は、粉を配合することが必要になりますし、ライ麦などを材料として使うこともありますが、それ以外の場合には、小麦粉を必要によって使い分ける、と覚えておきましょう。

砂糖と塩

次は砂糖と塩です。

これらはイーストの発酵を助けるために欠かせない材料といえます。

ただし、たくさん入れるとイーストの発酵を抑制してしまったりするので、砂糖と塩については少量でも正確な計量が必要です。

砂糖などは、いくつか種類があり、出来上がりの風味が違ってくるので使い分けするようにしましょう。

イーストや酵母

パンを作るために欠かせない材料といえば、イーストや酵母などの発酵を助ける材料があります。

イーストは生とドライがあり、ドライだと予備発酵が不要になるなど、使い勝手に差があります。

また、同じように発酵を助ける材料である酵母については、天然の酵母を培養させて作られているものがほとんど。

発酵力は弱いと言われていますが、独特の風味があり、好んでこちらを選ぶ人も多いと言われています。

手軽さではドライイースト、風味重視では天然酵母、などと使い分ける人もいるそうです。

これらが最低限の材料ですが、そのほかにも、牛乳、卵、重曹、バターなど、必要に応じてそろえなくてはならない材料もあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気記事

  1. 油を使わない!「熱風調理」で揚げ物を作ることができるノンフライオーブン揚げ物をつくる際に「油」を…
  2. クールなデザインにシンプルな機能が魅力ミラーガラスを採用したシンプルなデザインが人気のオーブンで…
  3. トースターのみの機能が欲しいという人にお勧め一人暮らしの方、男性で単身赴任をしている方だと、朝ご…
  4. レシピによって簡単に火力調節!タイマーがついている安心機能搭載コンパクトでシンプルな機能を搭載し…
  5. パンを美味しく焼き上げるために、最大限の工夫をした設計「毎朝の食事はパンがいい」と考えている人に…

年別アーカイブ

PAGE TOP