こんな機材でパンを焼く【オーブンの場合】

スポンサードリンク

手作りパンを作るときに一番ポイントになると言っても間違いではないのがオーブンレンジですね。

だれもがオーブンといえば、オーブンレンジのことを浮かべるのではないでしょうか。

ガスオーブンなどの選択肢もありますが、どの家でも手軽に使うことができるもの、というとやはりオーブンレンジなのではないでしょうか。

ガスオーブンでは、換気などに気を使う部分もありますし、住宅事情によっては設置できない場合もあります。

ですから、第一の選択肢としてオーブンレンジを考えてみるといいでしょう。

チェックポイント

オーブン

もしもこれからパンを焼くためにも使えるオーブンレンジを選ぶとしたら、どのような点をポイントにして選ぶといいでしょうか。

まずは、パンをたくさん焼くことができるように、庫内が2段になるものがよいでしょう。

中には、焼くときは1段しかあえて使わない、という人もいるようですが、2段を選び、発酵は2段で一気に済ませる、という人もいるのです。

網を入れて2段にする、という方法もありますが、高さが確保できず、天井にパンがくっついてしまう、ということもあるようなので、よく調べて選ぶようにしましょう。

手作りパンを作っている人に選ぶポイントを聞いてみると、庫内の広さ、ということを条件に挙げる人が多いようです。

庫内の広さや設定温度

やはり庫内の広さがある程度確保されていないと、ふっくらとしたパンを焼き上げることが難しいと感じているようです。

こんな点をポイントに選んで見ることも必要ですね。フランスパンを焼きたい、という人もいると思いますが、その場合は庫内の温度が300℃以上になるものを選ばなくてはなりません。

スチームの必要性

オーブンレンジにはスチームの機能を持っている機種もあります。

なかなか自分でフランスパンを、というところから始める人はいないと思いますが、それを求める場合には温度の条件などをよく調べる必要があります。

スチームがあると、皮をパリッと、中はもっちりにしあげることができます。

今のオーブンではスチームの機能がついているものもありますが、この機能がついているとパン作りが一層楽しくなる、といって選んでいる人が多いですね。

このようなポイントを考慮に入れて、自分がおいしくパンを焼くためのオーブンレンジを選ぶようにしましょう。

多機能になっているものも今はたくさんありますが、パンを作りたい、ということをポイントに選ぶと、選び方は通常と少し違うかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気記事

  1. 油を使わない!「熱風調理」で揚げ物を作ることができるノンフライオーブン揚げ物をつくる際に「油」を…
  2. クールなデザインにシンプルな機能が魅力ミラーガラスを採用したシンプルなデザインが人気のオーブンで…
  3. トースターのみの機能が欲しいという人にお勧め一人暮らしの方、男性で単身赴任をしている方だと、朝ご…
  4. レシピによって簡単に火力調節!タイマーがついている安心機能搭載コンパクトでシンプルな機能を搭載し…
  5. パンを美味しく焼き上げるために、最大限の工夫をした設計「毎朝の食事はパンがいい」と考えている人に…

年別アーカイブ

PAGE TOP