スチームオーブンレンジの機能をさらに考える

スポンサードリンク

最近では主流となりつつあるとまで言われているスチームオーブンレンジですが、機能としてはどのような内容になっているのでしょうか。

改めて整理してみましょう。

スチームオーブンレンジは、水蒸気のパワーを使うため、内部までしっかりと熱が通りやすく、本来のレンジよりも乾燥しにくい、という傾向があります。

タンクやトレーに水を入れておき、それを水蒸気として発生させる装置が付いており、この時点で100℃近い水蒸気を発生させることができます。

レンジ機能で加熱

ローストビーフ

それをさらにレンジ機能で加熱させることによって、過熱水蒸気が発生。

これは実に300℃以上にもなると言われています。

そのため、内部までしっかりと熱が通り、水分を失わない料理を楽しむことができる仕組みになっているのです。

高温水蒸気の機能

水蒸気は気体から液体になるときに凝結熱、という熱を発生します。

この熱は空気から伝えられる熱と比べるとパワーが大変大きいので、急速にものを温めるのに向いています。

もう少し詳しく説明すると、まず高温の水蒸気が発生し、それが庫内で食品に触れることで、食品に触れた部分の水蒸気が水となり、このときに凝結熱が発生します。

この熱が発生した部分から食品に広がっていきます。

このとき食品の表面の温度は100℃以上になるので、浸透した水蒸気によって中までしっとりと温まり、表面はカリッとした仕上がりになるのです。

余分な油や塩分を減らす

こうした温め方の傾向は、メタボ対策にも向いていると言われています。というのは、余分な油や塩分を減らすことができるためです。

余分な油を使わなくても、急激に水蒸気で加熱をすることによって食品内部の油分が液体化して、温められて縮んだ食品の間から油分がしみだしてくる、という仕組みになっているので、油が抜け、ヘルシーな料理を楽しむことができるのです。

また、周囲に油をつけて加熱すれば、食品の表面が油で覆われるようになり、揚げたような効果を得ることができるのです。

余分な油を吸ってしまう危険もありませんし、内部の油は外に流れだす、ということで油抜きの効果もあります。

このような効果によってスチームオーブンレンジはだんだんとレンジの形式の主流へと成長していきました。

これから改めて購入を考える人は、スチーム機能のついたものを、と望む人が多いのも理解できますね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気記事

  1. 油を使わない!「熱風調理」で揚げ物を作ることができるノンフライオーブン揚げ物をつくる際に「油」を…
  2. クールなデザインにシンプルな機能が魅力ミラーガラスを採用したシンプルなデザインが人気のオーブンで…
  3. トースターのみの機能が欲しいという人にお勧め一人暮らしの方、男性で単身赴任をしている方だと、朝ご…
  4. レシピによって簡単に火力調節!タイマーがついている安心機能搭載コンパクトでシンプルな機能を搭載し…
  5. パンを美味しく焼き上げるために、最大限の工夫をした設計「毎朝の食事はパンがいい」と考えている人に…

年別アーカイブ

PAGE TOP